忍者ブログ
劇団コトナコナタ第2回公演「バッド・ハレルヤ・エンド-未熟な神々と世界の終わり-」特設ブログ。 2009年9月岩手県盛岡市にて公演予定!!第2回公演が出来るまでの色々を選り取り見取りでお送りします。
<<11/12345678910111213141516171819202122232425262728293031/01>>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

反省会で久しぶりにみんなに会えてうれしかったよ。
反省会では、みんなの反省を聞きながら、俺も気を引き締めて頑張って行こうと思いました。
今回の公演は旗揚げに比べ集中しきれてない部分があったので、次回はそんな事がないようにします!

ちかこちゃん入団ありがと(^-^)これからもよろしく!


それでは皆様、団員だけだけど次は会議にて会える事を楽しみにしております。


ぶ~ちゃん
PR

さてさて、2ステの気合入れはヒロイン美穂の科白より。

戦争が起こるだけの世の中じゃつまらないかな?かな?

ネタバレっぽい?レポートその2。
さて、今回は役者以外のスタッフさんが、多忙のため全員集合することがほとんどなかったのです。
一番不安だったのは、本番までに全部用意できるかなー?ということ。
どこまでが装置チームが、そこからは小道具チーム、衣装はここまで作る...。
曖昧な線引きにあるモノをどう線引きしていくか!
今回は舞台監督を前川に任せたので割と楽でしたが、自分がスタッフを管理する時に、一番考えるのはそこなんです。
たとえば、今回の英樹の部屋では、手にする漫画は小道具チームが用意したが、棚に入っている漫画は装置チームの手作り、かかっていたTシャツについては衣装さんが、テレビは装置さん、テレビゲームは小道具が用意する...などといったふうに結構細かく分業していました。
映像・音響・照明も、舞台にあるものに配置ややり方が左右されるので確認して、どうして表現していくかは結構問題だなと感じます。

このスタッフ間の線引きは劇団によって違うと思いますが、うちの場合だと
「布製品全般・装飾品など役者が常に身につけるもの」は衣装、
「役者が手にするもの、身につけるが一時的なもの、常に身につける装飾品でも特に加工が必要なもの」は小道具、
「役者が手にしないもの、木材で作ったもの全般、家具やそれに準ずるもの」は装置がつくります。
そして装置の舞台図に沿って照明と音響が配置やら考える…といった感じです。
誰が何を作るかといったものは、ノウハウや経験といった要素にも左右されるので事前の話し合いが重要です。
たとえば、机にかけるテーブルクロスを例にあげます。通常は机と共に装置が用意しますが、テーブルクロスに何か特殊な仕掛けが必要な場合は小道具に、たくさんの布やレースをつなぎ合わせて作るような場合は技術のある衣装にわたることもあると思います。
もちろんいつもこうだ!とは決まっておらず、場合によります。場合によるので、今回はどうするかといった話をしなければならないのです。
話し合いで煮詰まることもあれば、パッとアイデアが閃くこともあります。今回の舞台では、舞台案の会議だけでも4回もちました。会議して案が決定してから一番製作が難航したのが小道具でした。
苦しくも楽しい会議の時間を過ごしました。

あっという間の数十分の舞台のために、たくさんの話し合いを経て、連携したり協力しながら生まれてくるモノたち...。
スタッフに敬礼!
 
いなべ






1ステの気合入れはパパの科白より。

ポロシャツ+鼻ヒゲのぶーちゃんはちょっとメイクしたたけで本当働いてそうなパパに!

以下、惚気だと思われても良いからぶーちゃんとの親子のやり取り。

稲「パパーパパー」
ぶ「なんだーい?」(←すぐに脳内再生される)
稲「おこづかいちょうだーい」
ぶ「いくら欲しいんだい?」
稲「17000円」
ぶ「金額がリアルだよ(笑)」

というやり取りをしました。
開場中にはぶーちゃんに肩を揉まれ幸せでした…(もんでもんでもまれてもんで)。

さて、BHEについて振り返って行きましょう!
まずは制作。前回と一緒、工藤千加子+佐野晴香の強力コンビに旗揚げ公演でお手伝いに来てくれた千坂孝則にオファー。
このトリオ、本当に強力!
佐野姉はホント自分でどんどん仕事を見つけるし、さかちーは言われたことをちゃんとできる人だし、ジェリーは客観視して芝居作りの現場を見てくれる。
受付とかサポートの場面で全く不安じゃないということが、どれだけ心強いかってことですよ旦那!(奥さんでも可)
会計と宣伝美術的なことは全部いなべがやっていたので、全ての仕事を任せていたわけでもないのですが、それでも!
今度は、宣伝のしかたとかもうちょっと研究しておきたいなあ…と思います。

というわけで、褒めてみた!
次は誰を褒めてみようかな!

いなべ
さて、今日はコトナコナタ打ち上げでのサプライズをおひとつ。

9月8日は、我らがちゃっきーの誕生日。
でも仕込み期間中で祝う余裕がなく・・・。

打ち上げにてお祝いしちゃいました!

打ち上げ会場の黄金の魚さん(いつもありがとうございます)に特製パフェを作ってもらい、歌をうたいながら登場~。
始めは何が何やらわからず手を叩くちゃっきー(笑)。
自分のものだと知ったときの表情といったら・・・!

パフェと一緒にパシャリ。

その頃のテーブルの向い側。
記者会見のようになってました!すげえよみんな!

ちなみに、ちゃっきー22歳の目標は「しっかりする」だそうで。

と、いうわけでサプライズの様子でした。
ちゃっきーおもでとう!

いなべ
昨日は昼過ぎまで死んでました。

バッド・ハレルヤ・エンド、昨日で無事に終了しました!
ご来場下さった方に感謝です!差し入れしてくださった方もありがとうございます!

今回は、演劇8年やってきて初めての主役でした。本番は緊張しまくっていて、何がなんだかわからなかったけれど、「演出を信じて、お客さんと対話してくるんだよ」と、すばるにアドバイスいただいて本番でした。少しでも楽しんでいただければ何よりです。
なさけなさ、勘違い(ピュアともいう)、アホさ加減、DT妄想、そんなもの色々。自分が今まで通過してこなかったものを演じました。

仕事初めて仕事との両立と貧乏に喘いだ前ちゃん、
絶対インフル予防してたのに結局打ち上げで腹壊したシゲ、
風邪っぴきのくせに手伝いには来たマギー、
「あたい、良い女になるわ!」と意気込んだみよ、
ほとんど参加できなかったのにメイク道具貸してくれて激励のメールくれたねぢ、
これまたクソ忙しいのに面白い小道具案持ってきてくれるちゃっきー、
演劇初参加なのに必死についてきてくれたえっこさん、
車で買出しやら送迎やら迷惑かけっぱなしだったぶ~ちゃん、
いつも真剣に取り組んでくれて背筋を正してくれたしのぶ、
面白いキャラで常に話題に事欠かないジャスティン、
最初は遠慮してちゃんと殴ってくれなかったなっちゃん、
悩み苦しみながらも最高の明かりでオペしてくれたイカロス、
衣装の仕事を安心して任せられるみーさん、
本番前にテンション上げて映像作り直してくれたつっちーさん、
冷静な視線で指摘してくれるジェリー、
こちらも忙しいのに「仕事ありますか?」と連絡くれたさかちー、
熱い想いで一緒に作って&サポートしてくれたすばる、
みんな本当にありがとう!ありがとうありがとう!

まだもうちょっとだけブログは続いていきます!
色々な写真と共に更新していきます!

いなべ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
劇団コトナコナタ
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]

design by AZZURR0